債務整理 広島

広島で債務整理を経験したサラリーマンの体験談

返済の為に借金を重ねた広島のサラリーマン

私は広島に住む30歳のサラリーマンです。
実は私にはあまりリアルの知り合いには話せないくらいの借金があります。
消費者金融やカードローンなどで借り入れした合計金額は実に600万円以上。
恥ずかしながら、多重債務者というやつです。
自分には散財の癖があり、一度欲しいと思ってしまうと、
とにかく欲しくて欲しくてたまらなくなり、冷静な判断力を失ってしまいます。
おまけに一度手に入れるとその手に入れたことで満足してしまい、
その後は購入したものに見向きもしなくなってしまうのです。
それが収入の範囲内のことであればまだ問題もないんでしょうが
一度、カードでキャッシングして購入してしまってからというものの
お金を借りてでも手に入れることが普通になってしまいました。
また他に住宅ローンが2000万円以上あります。
まさに多額の借金まみれです。

 

利息の支払いだけで精一杯・・・夫婦で絶望にくれる

これだけ多額の借金だと、利息の返済だけでもかなり大変な金額になります。
なんとかかんとか返していましたが、利息の返済だけでは根本的に借金はなくなっていきません。
そうこうしている間にもさらに新たに借金をしてしまい、いよいよ、利息の返済さえも
滞るようになってしまって、ついにこの借金が妻の知るところになりました。
夫婦ふたりで話し合ったものの、妻は泣き悲しみ絶望していました。
私自身も、妻にばれてしまったことで、離婚されるのではないかと震えました。
妻も、そして私も自己破産のイメージしかわかず、もう、人生自体が
おしまいになってしまったと困り果てていました。
これまで、自分たちが築いてきたものがすべて崩れていく、そんな感覚でした。

 

資産を残したままできる個人再生で再出発することに

そんな私たちでしたが、とある知り合いの弁護士さんに相談をしたことで
住宅などの資産を持ったまま債務整理できる個人再生という方法があるということを知り、
思い切ってその弁護士さんに任せて個人再生をすることにしました。
もちろん、債務整理をすることで一切のデメリットがないというわけではないのですが、
これによってマイホームを失わずに、借金の返済額も大幅に減額できることとなりました。
もう、自己破産しかないと思っていた私たち夫婦にとって、本当に救いとなりました。
今は残りの返済額の完済に向けて夫婦揃って頑張っています。
私自身、これまでの散財癖を我慢するのは辛いですが、
今度こそ、しっかりした家庭を築きたいと思って耐えています。
本当に借金は怖くてもう二度としたくない、苦しみたくないと思います。

債務整理の種類と選び方

仕事をするにも遊ぶ場合にも一生懸命という特徴のある広島の人は生活のいろいろな場面でお金を使うことになります。

 

そのため消費者金融を利用してお金を借りることも多く、それが原因で多重債務になり、債務整理の手続きを検討しなければならない人も少なくありません。

 

そこで債務整理の手続きの種類にはどのようなものがあり、またどの種類の手続きを選べばいいのでしょうか?

 

債務整理の種類について

 

債務整理の手続きの種類には次のようなものがあります。

 

 

任意整理

 

任意整理とは債権者である金融機関と債務者が直接交渉をして、今後の返済額や返済をするための方法を決めていきながら、借金を整理する方法です。

 

この手続きのメリットとして裁判所を利用しないので、手続きをするための費用を安く抑えることができるということ、話がうまくまとまれば短期間で解決をすることが可能であること、また場合によっては過払い金が発生していて、お金が戻ってくることがあることなどがあげられます。

 

一方デメリットとしては消費者金融が交渉に応じない場合は手続きが難航することがあるということです。

 

 

個人再生手続

 

個人再生とは裁判所に申し立てることによって法律で定められた一定の額まで減額してもらうことによって借金を整理する方法です。

 

この手続きのメリットとして自分の財産をある程度残すことができ、なおかつ条件を満たせば住宅ローンは別に手続きをすることができます。

 

また借金の額を大幅に減らすことができるのもメリットの一つです。

 

これに対してデメリットは手続きが複雑で長期にわたること、かかる費用も実費、専門家に対する報酬も高いこと、継続的な収入を得ていないと利用することができないことなどがあげられます。

 

 

自己破産手続

 

自己破産とは裁判所に申立をして借金を免除してもらう、最後の砦とも言うべき借金整理の方法です。

 

そしてこの手続きのメリットとして借金が無くなり、借金返済したのと同じような状況になれるということがあげられ、またデメリットとしてほとんどの財産を失ってしまうということがあげられます。

自分に合った債務整理の選び方

 

債務整理の手続は負っている借金額と自分の収入や持っている資産を総合的に考慮して選択していく必要があります。

 

そして借金の額が数十万円単位で少し返済期間を長くしてもらえば、分割して返済することができるような場合は任意整理を選択して解決をするのがいいでしょう。

 

上記の場合以外は個人再生か自己破産を選択することになるのですが、住宅など自分の財産を失いたくない場合や定期収入を得ている人は個人再生を選択し、支払不能の状態に陥っていて他に選択の予知がない場合は自己破産を選択することになります。

 

詳細は法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することができます。法律相談の料金は無料となっています。

 

そのため相談料を気にする必要もないため、法律事務所や司法書士事務所への多重債務相談の相談者も多いです。

 

また電話での無料法律相談も可能で、大きな弁護士事務所、司法書士事務所ではそのための相談員も備えてあります。

 

更新履歴